<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

古本カフェでのお願い その2 07.11.29

冷え対策のお願い

古本カフェ、いよいよ始まります。
改めて皆さまにお願いがあります。

d0131354_1891192.jpg
古本カフェの会場はフローリング…。
夏は冷たくて気持ちがいいのですが、
冬はどうしても冷えてしまいます。
暖房は効いていますが。

椅子に座る場合は、問題ないと思われますが、
トークイベントで床に座られる場合は、
ぜひ冷え対策をお願いいたします!

座布団の用意もありますが、数に限りがあります。
自慢の冷え対策グッズをお持ちください!

★スリッパ
★ひざ掛け
★厚手のジャケット

また、オススメの冷え予防グッズをご紹介します。

d0131354_18135611.jpg★シルクのスパッツ/2940円 (写真上の右)
 パンツの下に履くのにぴったり。

★ソックス2重ばき/1470円 (写真下)
 5本指シルクソックスと、綿ソックスのセット。

★シルクのレッグウォーマー/1365円 (写真上の左)
 白、黒、モカの3色。シルクは汗がこもらず、快適です。

★シルクの腹巻き/2100円
 薄手なので、服を着ても目立ちません

★シルクのカラー5本指ソックス/588円
 サックス、ピンク、黒の3色。

d0131354_1853331.jpg古本カフェ会場でも販売する予定です。
他の商品も見たい方は、GAIA2階にお越しください。
こんなにかわいい靴下も売っています!
[PR]
by gaia-ocha | 2007-11-29 18:09

私の影響を受けた5冊の本 その2 07.11.29

古本カフェ カウントダウン企画 その2

昨日のブログに引き続き、 古本カフェ vol.2 (2007年7月に開催)で
紹介された5冊の本を発表します。


■7月14日(土) 橋本ちあき

元始女性は太陽であった(平塚らいてう) 大月書店
マザーテレサ(女子パウロ会) 女子パウロ会
祈りの姿に無の風が吹く(押田成人) 地湧社
呼吸による癒し(ラリー ローゼンバーグ) 春秋社
生命現象と環境(桜沢如一) 日本CI協会

■7月15日(日) 中島デコ

永遠の少年(桜沢如一)日本CI協会
Giving Tree(Shel Silverstein)
100万回生きたねこ(佐野洋子) 講談社
自然に産みたい(橋本ちあき) 地湧社
風と共に去りぬ(マーガレット・ミッチェル) 新潮社

■7月16日(月)  辻信一

モモ(ミヒャエル・エンデ) 岩波書店
スモール・イズ・ビューティフル再論(E.F.シューマッハー) 講談社学術文庫
ボディ・サイレント(ロバート・F・マーフィー) 平凡社ライブラリー
経済成長がなければ豊かになれないのだろうか(C.ダグラス ラミス ) 平凡社
生命の聖なるバランス(デイヴィッド・スズキ) 日本教文社

■7月17日(火)  三枝誠

原初生命体としての人間(野口三千三) 岩波現代文庫
整体入門(野口晴哉) 筑摩文庫
100万人の空手(大山倍達) 講談社
表の体育裏の体育(甲野善紀) PHP文庫
からだの設計にミスはない(橋本敬三) たにぐち書店

■7月19日(木) 高橋浩昭

新版 危険な話(広瀬隆) 新潮文庫
わら一本の革命(福岡正信) 春秋社
妙なる畑に立ちて(川口由一) 野草社
楽に楽しく生きる(小林正観) 栄光社
君自身へ還れ(大峯顯 、池田晶子) 本願寺出版社

■7月20日(金)  山下武秀

3冊のみのご紹介でした。

春と修羅(宮沢賢治著)筑摩書房
菜の花の沖(司馬遼太郎) 文藝春秋
ゴッホの手紙(小林秀雄) 文藝春秋

■7月21日(土)  寺田啓佐

運命をひらく心(常岡一郎) 中心社
祈りの姿に無の風が吹く(押田成人) 地湧社
叶力(石川洋) サンマーク
消極人生をのすすめ(桑田二郎)コスミック出版
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる(エックハルト・トール) 徳間書店
[PR]
by gaia-ocha | 2007-11-29 13:02

私の影響を受けた5冊の本 07.11.28

古本カフェ カウントダウン企画

古本カフェ、いよいよ近づいてきました。
今週金曜日の夜は、オープニングライブ。
コケストラの3人が、愉快な音楽を奏でてくれます!

さて、古本カフェ カウントダウン企画として、
これまでのトークイベントで紹介された本を大公開します。

いろいろな分野でのプロフェッショナルたちが、影響を受けた5冊。
言ってみれば、その人の人生を作ってきた、
1つのきっかけとなったのかもしれません。

憧れの人、尊敬する人が読んできた本、そして影響を受けた本。
12月からの古本カフェで、そんな心に染み入るお話を聞けるのが、
とても楽しみです。

まだ、お席に余裕があるイベントもあります。ぜひお越しください!

なお、これまでの古本カフェで紹介された本について、
毎月の「お知らせ」で連載してしています。
詳しい内容を知りたい場合は、4ページ目(一部例外があります)を
ご覧ください。


古本カフェ vol.1 (2007年3月に開催)で紹介された5冊の本

■3/3(土)昼 田中美津 

記憶は嘘をつく(ジョン・コートル) 講談社
植物の私生活(デービット・アッテンボロー) 山と渓谷社
呪術師と私―ドンファンの教え(カルロス・カスタネダ) 二見書房
万病を治せる妙療法(橋本敬三) 農文協
出家とその弟子出家とその弟子(倉田百三) 新潮文庫


■3/3(土)夜 藤田千恵子 

遊覧日記(武田百合子)筑摩書房
整体法の基礎(野口晴哉) 全生社
魔法のメガネ(桜沢如一) 日本CI協会
ホテル・ニューハンプシャー(ジョン アーヴィング) 新潮社
いざ純米酒(上原浩) ダイヤモンド社

 詳しい内容を見る…

■3/3(日)昼 鶴田静 

なぜ世界の半分が飢えるのか(スージャンジョージ) 朝日新聞社
植物の神秘生活(ピーター・トムプキンズ,クリストファー・バード)工作舎
ウォールデン森の生活(ヘンリー・D. ソロー) 小学館、岩波書店(文庫)
よだかの星/なめとこやまの熊(宮沢賢治) 筑摩書房
ヒロシマノート(大江健三郎) 岩波新書

 詳しい内容を見る…

■3/4(日)夜 タカコ・ナカムラ 

何を食べるべきか(丸元 淑生) 講談社
いのちの食べ方(森達也) 理論社
日本人の正しい食事(沼田勇) 農文協
初女お母さんの愛の贈り物(佐藤初女) 海竜社
地球とからだに優しい生き方・暮らし方(天笠啓祐) 柘植書房新社

 詳しい内容を見る…

■3/5(月)夜 甲田幹夫
 
砂の女(安部公房) 新潮社
日本の伝統(岡本太郎) 光文社
マクロビオティック健康法(久司 道夫) 日貿出版社
二人ヨーガ楽健法(山内宥厳) 東光寺
アマゾン・インディオからの伝言(南研子) ほんの木

 詳しい内容を見る…


■3/6(火)夜 佐光紀子

やかまし村の子どもたち(アストリッド・リンドグレーン) 岩波書店
旬の野菜料理(新日本婦人の会編)本の泉社 →絶版
はぐくむ生活―子どもの心が育つとき(津守房江)婦人之友社
アンネの日記(アンネ・フランク) 文芸春秋
Clean Earth, Clean Planet(Karen Logan) Pocket

■3/7(水)夜 野村奈央

健康生活の原理(野口晴哉) 全生社
風邪の効用(野口晴哉)筑摩書房
自然農法わら一本の革命(福岡正信) 春秋社
らしく生きる(和田重正) くだかけ社
小原國芳選集6母のための教育学・教育立国論(小原國芳) 玉川大学出版部

■3/8(木)夜 山本洋子

魔法のメガネ(桜沢如一) 日本CI協会
食医石塚左玄の食べもの健康法 自然食養の原典『食物養正法』現代語訳 農文協
食養人生読本(桜沢如一) 日本CI協会
The Self-Healing Cookbook(Kristina Turner)  フレックスファーム
病気にならない生き方(新谷 弘実) サンマーク出版

■3/9(金)夜 のらくら農場・萩原紀行 

全国有機農業者マップ(日本有機農業研究会編) 有機農業研究会
夏子の酒全12巻(尾瀬あきら) 講談社
これから有機農業を始める人へ
 (有機農業入門書編集委員会編) 全国有機農業会議所→絶版
「百姓仕事」が自然をつくる(宇根豊) 築地書館
「里」という思想(内山節) 新潮選書

 詳しい内容を見る…

■3/10(土)夜 魚柄仁之助

極限の民族(本田勝一)朝日新聞社
孫子の兵法 光文社
共生の大地(内橋克人)岩波新書
ゴルゴ13 (さいとうたかを) リイド社
ネコと魚の出会い(西丸震哉) 角川書店

■3/11(日)昼 中島デコ

永遠の少年(桜沢如一) 日本CI協会
Giving Tree (Shel Silverstein) Harpercollins Childrens Books
100万回生きたねこ(佐野洋子) 講談社
自然に産みたい(橋本ちあき) 地湧社
風と共に去りぬ(マーガレット・ミッチェル) 新潮社

■3/11(日)夜 おおたか静流

ナイルの流れのように(ハムザ エルディン) 筑摩書房
うつろうかたち(野見山暁治) 平凡社
父への手紙(窪島誠一郎) 筑摩書房
夏の力道山(夏石鈴子)筑摩書房
他人の顔(安部公房) 新潮文庫
[PR]
by gaia-ocha | 2007-11-28 13:34

古本カフェでのお願い 07.11.25

冷え対策をお願いします

古本カフェが近づいてきました。
そして、急に寒くなってきましたね。

会場となるスペースNEOでは、
座布団などをご用意していますが、
フローリングのため、足が冷えてしまう方が
いらっしゃるかもしれません。

d0131354_18155421.jpgビル風が吹き込むGAIA御茶ノ水店のスタッフは、
冷え対策がバッチリ。そこで、レッグウォーマー歴2年の
地下スタッフ・岡さんに話を聞きました。

スタッフを始めた昨年、1階で仕事をしていて寒かったのですが、
ウォーマーをすると上着1枚脱げるよと他のスタッフからアドバイス。
早速実践してみたところ、「本当だ!」と感激したそうです。

ゾウの顔がついたウールのウォーマーをしていますが、
それでも寒いときは、下にシルクのウォーマーをはいて
2重にするのがオススメ。シルク製は、軽くて通気性がいいので、
重ねても気になりません。それでも寒い人は、スパッツを
はいてウォーマーをしたら、冷え対策は万全です。

あとウォーマーには、優れた点がもう1つ。
「靴下、タイツは、足の部分が臭くなるので、毎回
洗わないといけない。でもウォーマーは、足の部分に
かからないから、たまに洗うだけでOK」と岡さん。

d0131354_18161319.jpgレッグウォーマーは、GAIA2階で売っています。
写真の商品は、「カラフルレッグウォーマー」
ウール100%、赤、2100円。茶色もあります。
人気で売り切れてしまったので、
12月から再入荷する予定です。
[PR]
by gaia-ocha | 2007-11-25 18:29

古本カフェ 特別企画 07.11.20

昭和30年代(推定)の風呂敷を限定販売します!

食文化研究家の魚柄仁之助さんは、あるお宅から出てきた
昭和30年代の風呂敷を買取り、ご自宅で大事に保管されて
いました。そして20年間眠り続けたこの風呂敷約60枚を、
古本カフェの期間中のみ販売します。

今にはない風情がある柄。
他ではなかなか買えない逸品ばかりです。

数年前、ケニア共和国環境副大臣のワンガリ・マータイさんが
世界共通語として広めようとした“MOTTAINAI”。
そこで世にあふれるビニール袋、紙袋を減らそうと、
風呂敷が注目されました。

そして風呂敷がいろいなお店で買えるようになりましたが、
魚柄さんは疑問を投げかけます。新しい風呂敷を購入することが、
本当のエコロジーなのかなと。

ものを大事にする心、引き継いでいく心も大切にしたい。
そんな思いが込められた風呂敷です。ぜひ古本カフェの会場で
お手に取ってご覧ください。そしてお気に入りの1枚を見つけてください。
d0131354_16414392.jpg

価格は500円から2000円(平均価格は1200円)で販売します。
[PR]
by gaia-ocha | 2007-11-20 16:43

アートワークショップのお知らせ 07.11.13

古雑誌でコラージュ作品を作ります!

いらない紙をビリビリと破って、
少しすっきりした経験はありませんか。

世の中は、いろんな印刷物であふれています。
いらなくなった雑誌を破って作品を作る、
ユニークなワークショップをご紹介します。


宮元三恵の「古本でコラージュ」 
【日時】 12月7日(金) 14時半から 

好きな色を中心に雑誌を切り抜いたり、ちぎったり。
それを糊で画用紙に貼って、コラージュ作品を作ります。

何だか難しそうと思った方、ご安心ください。
ちゃんとした作品になるよう、色の選び方、切り抜き方など、
宮元さんがアドバイスしてくださいます。
自宅のリビングに、自分のコラージュ作品を飾ってみるのも
いいですね。

雑誌をちぎり、貼り合せていく作業は、ストレス解消にも
つながるそうです。親子はもちろん、大人だけの参加でも
楽しめますよ。

定員は20人です。まだ余裕がありますので、芸術の秋
(冬になってしまいますけれど)を楽しみたい方、ぜひご参加ください。


宮元三恵さんのプロフィール

d0131354_143677.jpg東京芸術大学・美術学博士。
96年より、日本、イギリス、ドイツで、空間知覚や空間体験に基づく制作活動や
作品発表を行う。国内では、子どもの身体感覚の変化をテーマにした連続ワークショップ
「おおきなこどもーきょじんになろう」(東京・ぷりすくーる西五反田幼稚園)や、
子どもの想像をひとつの空間に作り上げる「きりんにまつわる7つの話」
(大分・海辺保育園)などを展開。
[PR]
by gaia-ocha | 2007-11-13 14:05

「リメイクワークショップ」 のご案内 07.11.06

思い出の布で、リメイクしませんか
【日時】12月3日(月)14時半~ 

お気に入りの洋服だったのに、ほつれちゃった…。
思い出のあるバッグなのに、穴が空いちゃった…。
お金では買えない大切なものが、誰にもあります。

そんなとき、リメイクをはじめてみませんか。
塩山奈央さんのワークショップは、はじめてさんでも大丈夫。
塩山さんからアドバイスをいただきながら、縫ってみましょう。

直したいもの、裁縫セット(最低限のものがあればOK)、糸を
お持ちください。あて布が必要そうかなと思ったら、あて布も。

10人いれば10通りのリメイクが生まれます。
自分のリメイクも、他の方のリメイクも楽しめる時間を
ぜひお過ごしください。

スイーツつき前売券は、2000円。当日券は2400円。
定員が10人なので、お早めにお買い求めください!


d0131354_1841692.jpgはじめてのリメイク
(自然食通信編集部編、自然食通信社、1680円)も
参考になりますよ。GAIA「みみをすます書店」で販売中です。

15人のリメイクノート。洋服、バッグなどのリメイクが紹介されています。
塩山さんと染色家の牛田みのりさんがアドバイスをしています。





d0131354_1842216.jpg
塩山奈央(しおやま なお)
パタンナー、リメイカー、豆料理研究家、たべもの ぬいものを通して
愉快な暮らしを提案。雑誌BE-PALで「ひだまり手作り塾」、
チルチンびとで「日々、まめまめしく」を連載中。
[PR]
by gaia-ocha | 2007-11-06 19:02

ライブ・ライブ・ラブ 07.11.06

コケストラふぁ~な のライブ

ライブ、ライブ、ライブ…と早口で言ってみて下さい。
あれ、不思議。いつの間にか、ラブになってしまいました。

そう、ライブはラブがあふれる時間。
CDで聴くよりもずーとパワーが伝わってきます。

11月30日(金)のオープニングライブは、
3人組の天然音楽集団「コケストラ」。

12月9日(日)のクロージングライブは、
沖縄の音楽を奏でる「ふぁ~な」のお二人。

どちらのグループとも、強さとやさしさを併せ持つ音楽。
GAIA3階「みみをすます書店」では、コケストラとふぁ~なのCDを
ヘビーローテーションでかけています。

元気をもらいながら、癒されながら仕事ができて、
役得だなと思っています。

お仕事の帰りに、お出かけの帰りにちょこっと立ち寄ってみて下さい。
11月30日(金)・コケストラ  1回目:19時から、2回目:20時10分から
12月 9日(日)・ふぁ~な  1回目:18時半から、2回目:19時40分から

50分ライブ、前売り券は、1000円ととってもお得です! 
当日券は1200円。ぜひぜひ、お早めにお買い求めください。

d0131354_13365078.jpgd0131354_13372052.jpgd0131354_13413332.jpg










※写真左より、Co-rchestra1/Co-rchestra(コケストラ)、Co-rchestra2/Co-rchestra(コケストラ)、
リベラハベル/ふぁ~なのCDジャケットです。
[PR]
by gaia-ocha | 2007-11-06 14:03