<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「24人に聞くエコロジカル・ブックス100」同時開催 07.10.31

読みたい本がきっと見つかります

d0131354_12364553.jpg広い意味でエコロジーに関する本100册を展示販売する
「24人に聞くエコロジカル・ブックス100」。

古本カフェvol.3では、そんなユニークな企画が
宮城県仙台市からやってきます。

著書「冷蔵庫で食品を腐らす日本人」でお馴染みの魚柄仁之助さんや、
せんだい・みやぎNPOセンター理事の加藤哲夫さんら
ブック・ナビゲーター24人が、合計100册の本を紹介。
我が「みみをすます書店」店主の佐々木も3册、選ばせていただきました。

主催するのは、古本販売とカフェを営む「book cafe 火星の庭」。
代表の前野久美子さんは、心、からだ、食、街…と人間の営み全てが
エコロジカルな対象になると考えているとのこと。よって、
悪化する地球環境について報告するような本だけでなく、
幅広い分野の本を紹介することになったそうです。

d0131354_12381012.jpg古本カフェ期間中は、この100册の本を一挙に展示(販売はしません)。
本のレビュー、本を選んだ2人へのインタビューなどを掲載した
ブックレット(400円)を販売する予定です。

この企画について、火星の庭のウェブサイト「庭番便り」の中で詳しく
紹介されています。前野さんの思いやナビゲーター24人について知りたい方は、
ぜひチェックしてみてください。


写真上は火星の庭(2007年10月11日から11月19日まで)、
写真下は七ヶ浜国際村(宮城県七ヶ浜村)で行われた
イベント「マザー・アース・プラネット」(10月10日)で、
同企画が開催されたときの様子です。
[PR]
by gaia-ocha | 2007-10-31 12:43

ランチ、食べてみれば分かります 07.10.25

からだがあたたまる ごはん

d0131354_154219.jpg古本カフェでのお楽しみの1つといえば、
野菜、雑穀たっぷりランチ。

古本カフェ春、夏に続き今回も、からだにやさしいごはんを
作って下さる料理人・高木三奈子さんが昨日、
GAIAに立ち寄って下さいました。

高木さんは今年8月から、山梨県北杜市にある
オーガニックカフェ「ごぱん」で、キッチンの
サポートをしています(ごはんのパンは、
毎週水曜日、GAIA代々木上原店で入荷してます)。

山梨での生活について、話を伺いました。

古い一軒屋に住み、澄んだ空気と美しい景色を
楽しんでいるとのこと。すっかり寒くなり、
霜が降りたり、富士山や八ヶ岳に雪が積もったり。

すぐそこまできた冬の訪れを感じながら、お仕事を
している様子でした。

高木さんは今回の古本カフェで、冬野菜をたっぷり
使ったランチを作るのを楽しみにしているとお話して
いました。体の芯からあったまりそうな、そんなごはんが
食べられるのを心待ちにしています。


d0131354_1503488.jpg高木三奈子さんプロフィール

雑穀料理を中心とした「つぶつぶカフェ」で、食デザイナーの
大谷ゆみこ氏に師事。研修生として働いた後、同カフェで
店長を2年半勤める。いくつかのオーガニックレストランで
経験を積んだ後、フリーとなる。現在は、マクロビオティックの
基礎を学びながら、オリジナル料理を考案中。
[PR]
by gaia-ocha | 2007-10-25 15:05

古本カフェ誕生に至るまで 07.10.17

古本カフェ、大切に育てています

■古本カフェ誕生のきっかけ

d0131354_18442694.jpg「人が集う場を作りたい」。
GAIA代表・清水のそんなひと言から、古本カフェは始まりました。

これまでにGAIAは、エコロジー雑貨と天然酵母パンの見本市
「GAIA@HOME」や山形県酒田市で米を生産する佐藤さんによる
版画展などを開催してきました。

久々に何かイベントを開きたいと思っていたころ、
スタッフの中でひらめきが起こったのです。

食や環境などのプロから、その人の仕事の話を聞くことがあっても、
これまでにどんな本を読んできたか聞くチャンスはなかなかない…。

本を大切にしたい「みみをすます書店」が中心となり、
憧れの人が影響を受けた本について話すイベントを
開催することになったのでした。


■古本カフェに期待することは?

d0131354_18284044.jpg「人生で何か迷いがあるとき、他人に影響を受けたい」と
みみをすます書店店主の佐々木は、自身の経験から語りました。

古本カフェのゲストたちは、エネルギーがあふれる人々。
語る内容に関心したり、感動するのはもちろんのこと、
話し方やその人が持つ雰囲気から、元気をもらうこともあります。

古本カフェは、何らかのことをくみ取れる場であってほしい。
そう願いつつ、佐々木はプロデュースに奔走中です。
[PR]
by gaia-ocha | 2007-10-17 18:45

ワークショップとライブ 07.10.14

調整中だった 講師・出演アーティスト決定

お待たせしました! 調整中でしたワークショップ、
クロージングライブの講師、アーティストが決定しました。

★12月7日(金)  14時半~

ワークショップ「古本でコラージュ」 (定員20人)

宮元三恵(みやもと みえ)

d0131354_15211388.jpg東京芸術大学・美術学博士。
96年より、日本、イギリス、ドイツで、空間知覚や空間体験に基づく制作活動や
作品発表を行う。国内では、子どもの身体感覚の変化をテーマにした
連続ワークショップ「おおきなこどもーきょじんになろう」(東京・ぷりすくーる
西五反田幼稚園)や、子どもの想像をひとつの空間に作り上げる
「きりんにまつわる7つの話」(大分・海辺保育園・)などを展開。


d0131354_15215681.jpg■12月9日(日) 1回目/18時半~、2回目/19時40分~

クロージングライブ  ふぁ~な

いっこ:唄、三線、ウクレレ、曲創り、その他(那覇市出身)
おやかた:ギター関係、マンドリン、パーカッション(宮古島生まれ、那覇育ち)

1986年、沖縄でロックバンド「DIZZY」を結成し、
米軍基地内で活動。89年上京。CBSソニーより
メジャーデビュー。94年、バンド名を「Are You Crying?」
に改名。99年、音楽活動休止。ナチュラル沖縄ダイニング
ちむ屋」を中野にOPEN!

2005年、満を持してアコースティックユニット「ふぁ~な」を結成。
音楽活動を本格的に再開。数々の出会いと経験から、たおやかで
ノンジャンルな表現へと変化。

現在、「ちむ屋」のオーナーシェフを務めつつ、「ふぁ~な」の活動ほか、
ロックバンド「HUG THE HABU」も主催。
 
[PR]
by gaia-ocha | 2007-10-14 15:44 | 古本カフェvol.3

オープニングライブ 07.10.10

出演アーティスト決定! コケストラ


d0131354_14162244.jpg古本カフェのオープニングを、大いに盛り上げてくれるライブ。
11月30日(金)、夜7時~、8時10分~の2回、
行われます。

出演してくれる「コケストラ」のプロフィール、
大公開します!


野々歩 (ののほ:歌/フィドル/コンサーティーナ/
      ハーディーガーディーほか)
小田晃生 (おだこうせい:歌/ギター/カズーほか)
柴山真人 (しばやままこと:フィドル/ ティンホイッスルほか)

1983年生まれの三人組。

アイリッシュ、カントリー、ウェスタン・スウィング、昭和歌謡など、
ジャンルにとらわれない自由なスタイルで音楽を奏でます。


野々歩さんは、教育映画「みみをすます」のナレーション、
妖精役を演じたことがあるそうです。

「みみをすます書店」と、こんなところで縁があるなんてびっくり!


ライブミュージックは、元気の素。
1週間の疲れを吹っ飛ばすのもよし、今年最後の月を爽快に
乗り切るための“起爆剤”にするのもよし…。

お待ちしております!
[PR]
by gaia-ocha | 2007-10-10 14:19 | 古本カフェvol.3

食や木のスペシャリストが登場 07.10.07

d0131354_1255869.jpgゲストのプロフィール その4

いよいよラストの12月7日(金)~9日(日)。
7日昼と9日夜は、ただ今調整中です。
やっぱりライブで閉めくくりたいなと
思っています。

■12/7(金)19時~ 

テーマ「影響を受けた5冊」

パトリシオ・ガルシア・デ・パレデス

d0131354_12585932.jpg1970年スペイン生まれ。クシマクロビオティックアカデミィ講師。
久司道夫が指導するマクロビオティック食で、母親の腎臓病が完治。

クシインスティテュートでマクロビオティックを学び、健康、環境、社会、
平和の問題を解決するためには食物が重要である事を実感。
卒業後は世界各地でマクロビオティックの指導にあたる。
 
             1995年に来日し、講演、料理教室、シェフトレーニング、著作など
             全国で活躍中。


■12/8(土)15時~ 

テーマ「影響を受けた5冊」

正木高志(まさき たかし)

d0131354_12561631.jpg1945年生まれ。60年代からインドを遍歴し哲学を学ぶ。
80年に阿蘇山麓で帰農。90年にはモンタナ州立大学に招かれ
環境倫理学を講義する。農業や植林活動のかたわら
環境問題について執筆や講演を行っている。
森林ボランティア森の声代表。
 
             著書に「木を植えましょう」(南方新社)、「出アメリカ記」(雲母書房)、
             「空とぶブッダ」(ゆっくり堂)、「スプリング・フィールド」(地湧社)がある。


■12/8(土)18時半~ 

テーマ「売れるを作る~今なら間に合う! 人生の棚卸し」

魚柄仁之助(うおつか じんのすけ)

d0131354_12563247.jpg1956年生まれ。食文化研究家。大学で農業を学び、その後
バイク店を18ヶ月間、古道具店を10年間経営。以後、
健康的で無駄のない食生活を提言し続ける。

著者に「冷蔵庫で食品を腐らす日本人」(朝日新聞社刊)、
「うおつか流大人の食育」(合同出版)、「うおつか流台所リストラ術 
             ひとりひとつき9000円」など多数。


■12/9(日)15時~ 

テーマ「影響を受けた5冊」

中川屋善右衛門(なかがわや ぜんえもん)

d0131354_12564468.jpg1958年、京都市生まれ。高校を卒業後京都は西陣の老舗料亭「萬亀楼」で
修行の後、川端御池で「京料理 万井なかがわ」を自営する。閉店後
外食産業の商品開発部長を務める。2005年夏に退社後、料理研究家、
料理写真家、フォトエッセイストとなる。
 
現在は、「善右衛門的。カフェ」にて”マクロビオティック”と日本の伝統”京料理”が
             優しく融合した「京まくろび」を実践、「善右衛門的。カフェ」を左京区で営業。

             著者に「ニューベーシックマクロビオティック」(日貿出版刊)がある。
[PR]
by gaia-ocha | 2007-10-07 13:08 | 古本カフェvol.3

体のこと・地球のこと 07.10.04

d0131354_1516735.jpgゲストのプロフィール その3

12月5日(水)、6日(木)のゲストは、
体のこと、環境のことをお仕事にしている人たち。

古本カフェ春、夏に来ていただいた野村さん、
三枝さんが再び登場します!


★12/5(水)14時半~

ワークショップ「母と子の手当ての心」 (定員20人)

野村奈央(のむら なお)

d0131354_15205411.jpg1945年生まれ。大学卒業後、野口整体の創始者・野口晴哉氏と出会い、
最悪の健康状態から回復。以来37年、整体を研究、実践している。
「整体ライフスクール」を主宰、指導を続けている。
 
現在は赤城山麓に暮らし、無農薬の畑作りや深水法による
稲作、ブナ林の植林などを通し環境問題にも取り組む。


■12/5(水)19時~ 

テーマ「地球とセックスについて考える」 

三枝誠(さえぐさ まこと)

d0131354_15211289.jpg1954年生まれ。整体生活研究家・武道家。
病弱な少年時代を野口整体とマクロビオティックで克服。

現在は、整体・武道・食育・ヨガ等の東洋体育を統合した「御互道」を発表し、
活動を広げる。地球との関わりを見出し、2007年8月より「御式内」と改名。

             「整体的生活術」(ちくま文庫)、「身体は何でも知っている」(アスペクト)等著者多数。


■12/6(木)14時半~

テーマ「小児科へ行く前にできること」

真弓定夫(まゆみ さだお)

d0131354_15213560.jpg1931年東京医科歯科大学卒業。1974年、東京吉祥寺に真弓小児科医を開設。
食べものと生活環境を見直した自然な子育てを提唱、実践的アドバイスをしている。

著書は「子どもの病気は食べて治す」(PHP研究所)他、多数。
自然育児友の会理事。


■12/6(木)19時~

テーマ「影響を受けた5冊」

南研子(みなみ けんこ)

d0131354_15215129.jpg熱帯森林保護団体RFJ代表。1989年アマゾンの先住民との出会いを機に
毎年現地を訪れ、年に数ヶ月アマゾンのジャングルで先住民とともに暮らし、
支援活動を続けている。

著書は「アマゾン、インディオからの伝言」「アマゾン、森の精霊からの声」
(共にほんの木)。
[PR]
by gaia-ocha | 2007-10-04 15:41 | 古本カフェvol.3

昼間もやってます! 07.10.03

ゲストのプロフィール その2

d0131354_1236573.jpg古本カフェでは平日の昼下がり、
ワークショップ&トークイベントを毎日開催します。
うれしい、うれしいスイーツ付きです。
回によって定員が異なりますので、ご注意下さいね。

夜はしっとり、影響を受けた5冊の本についてのお話です。

今日は、3日(月)、4日(火)のゲストをご紹介します。



★12/3(月)14時半~ 

ワークショップ「リメイクワークショップ」 (定員10人)

塩山奈央(しおやま なお)

d0131354_12425115.jpgパタンナー、リメイカー、豆料理研究家、たべもの ぬいものを通して
愉快な暮らしを提案。雑誌BE-PALで「ひだまり手作り塾」、
チルチンびとで「日々、まめまめしく」を連載中。

http://mameoiseau.blog62.fc2.com/(from 豆ライフ)


■12/3(月)19時~ 

テーマ「影響を受けた5冊」

金子美登(かねこ よしのり)

d0131354_1243778.jpg1948年生まれ。71年農林水産省の農業者大学校の
第一期生として卒業後、徹底した有機農業を始める。

消費者と提携したり、国内外から研修生を受け入れたりしながら、
埼玉県小川町で霜里農場を営み、アジアやヨーロッパの有機農場を
視察するなど、海外との交流も活発に行う。

             現在小川町議会議員、NPOふうど理事。
             著者に「絵とき 金子さんちの有機家庭菜園」(家の光協会)がある。


★12/4(火)14時半~ 

ワークショップ「ボディ・パーカッション
~インディオの唄のフレーズを唱いながら、身体を叩く~」

翁長巳酉(おなが みどり)

d0131354_12432916.jpg沖縄県那覇市出身。80年代前半東京で
「暗黒大陸じゃがたら」「チカブーン」等に参加。

90年にブラジルへ渡り、12年滞在。カーニバルでは
サンパウロやリオのサンバチームで、打楽器で参加。
ブラジルの演劇やダンスの伴奏で、ヨーロッパツアー。
 
             帰国後、板橋文夫やおおたか静流、自己グループを率いてライブ。
             去年は、チュニジア・モロッコでもツアーを行った。

             現在は、打楽器講座の他、聴覚障害者に対する打楽器講座や
             ボディ・パーカッション講座も開催、ブラジルの伝統芸能の
             ドキュメンタリー映像の撮影と上映など、活動は多岐にわたっている。


■12/4(火)19時~ 

テーマ「影響を受けた5冊」

小林崇(こばやし たかし) 

d0131354_12434643.jpg1957年生まれ。ツリーハウスクリエーター。
スタイルとデザイン、感性をコンセプトに、各地の風土・樹木に適した
ツリーハウスを創作する日本の第一人者。オレゴンで毎年開催される
ツリーハウスの国際イベントに参加、世界中のツリーハウスビルダーとの
親交が厚い。
 
              東京・原宿ではツリーハウスサロン「HIDEAWAY」をオープンし、
             珍しいツリーハウス本やオリジナルグッズの販売、イベント開催等
             ツリーハウス情報を発信している。ツリーハウスを大人が夢中になれる遊びと
             捉え、まだ見ぬ新しい木との出会いを求め国内・海外を旅している。

             著書にDVD BOOK「TREEDOM」(AーWorks)。

              http://www.treehouse.jp
[PR]
by gaia-ocha | 2007-10-03 12:58 | 古本カフェvol.3

魅力あるゲストがいっぱい!  07.10.02

ゲストのプロフィール その1d0131354_177010.jpg


古本カフェは12月1日(土)スタートですが、
前日の11月30日夜に、コケストラの
オープニングライブを予定しています。
プロフィールは、もう少しお待ちください!

12月最初の週末は、昼も夜もトークイベントを開催。
テーマは、これまでに影響を受けた本5冊について。
ゲストのプロフィールをご紹介します。


■12/1(土)15時~ 

テーマ「影響を受けた5冊」

上野圭一(うえの けいいち) 

d0131354_17135130.jpg翻訳家、鍼灸師。CAMUNet副代表。日本ホリスティック医学協会副会長。
アリゾナ大アンドルー・ワイル博士の友人として「人はなぜ治るのか』以降、
著書の翻訳を一手に手がけるほか、『代替医療~オルタナティブメディスンの
可能性』『補完代替医療入門』など自著も多数。動物関係の訳書に「奇跡のいぬ」、
「動物はすべてを知っている」など。


■12/1(土)18時半~ 

テーマ「影響を受けた5冊」

マエキタミヤコ

d0131354_17142253.jpg1963年東京生まれ。コピーライター、クリエイティブディレクターとして、97年より
NGOの広告に取り組み、02年に広告メディアクリエイティブ[サステナ]を設立。
雑誌『エココロ』を通して、日々、世の中をエコシフトさせるために奔走中。
「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表・幹事、「ほっとけない
世界のまずしさ」キャンペーン実行委員。上智大学、立教大学非常勤講師。
 
            最近は、「フードマイレージ」キャンペーンや、「リスペクト・スリーアール」
            プロジェクトを手掛けている。


■12/2(日)15時~

テーマ「影響を受けた5冊」 

藤田 紘一郎(ふじた こういちろう)

d0131354_1723567.jpg東京医科歯科大学教授。1939年生まれ。東京大学大学院にて寄生虫学を専攻。
テキサス大学で研究後,金沢医科大学教授,長崎大学医学部教授を経て、
1987年より現職。専門は寄生虫学、熱帯病学、感染免疫学。
 
主な著書に、「笑うカイチュウ」「空飛ぶ寄生虫」「日本人の清潔がアブイ!」
「ばっちいもの」健康学、「イヌからネコから伝染るんです。」ほか多数。


■12/2(日)18時半~ 

テーマ「影響を受けた5冊」

関野吉晴(せきの よしはる)

d0131354_1726412.jpg1949年生まれ。冒険家・医師・武蔵野美術大学教授。一橋大学在学中に
探検部を創設し、アマゾン全域踏査隊長としてアマゾン川全域を下る。
その後通算10年間以上にわたって南米への旅を重ねる。その後外科医として、
日本の病院に勤務。
 
93年からは、アフリカに誕生した人類がユーラシア大陸を通ってアメリカ大陸にまで
            拡散していった約5万3000キロの行程を、自らの脚だけをたよりに遡行する旅
            「グレートジャーニー」を始める。2004年7月からは「新グレートジャーニー
            日本人の来た道」をスタート。著書多数。
[PR]
by gaia-ocha | 2007-10-02 17:34

古本カフェが再びオープンします! 07.10.01

9日間限定 古本カフェopen

d0131354_1726747.jpg
GAIA3階にあるオーガニックブックス「みみをすます書店」が、
9日間限定でイベント「古本カフェ」を開催します。

食と体に関する古本が読めて、つぶつぶ雑穀ランチが食べられて、
魅力あるゲストが毎日トークをして……と楽しいことが
ギューッとつまった空間です。

今年は今回で3回目。
古本カフェ春(3月3日~11日)、古本カフェ夏(7月14日~22日)では、
多くのお客さまにお越しいただき、ありがとうございました。

これまでに影響を受けた本5冊を語るトークイベントでは、
満員御礼の回が続出。残念ながら聞けなかった方も
多くいらしたので、今年もう1度オープンすることになりました。

古本カフェ冬は、12月1日(土)から9日(日)までの開催です
(11月30日夜には、オープニングライブを予定)。

今回は、昼も夜もトークイベントあり、ワークショップありと、
にぎやかな雰囲気になりそう。もちろんお昼は、
料理人・高木三奈子さんが作る日替わりベジタブル
ランチが楽しめます! 

トークイベント、ワークショップのゲストプロフィールを
毎日ちょっとずつ、お知らせいたします。お楽しみに!!
[PR]
by gaia-ocha | 2007-10-01 10:00